シャーロック 7話 あらすじと感想

ドラマ「シャーロック」の動画はFODプレミアムで観ることができます(スマホからでも視聴できます)。

 

 

FODプレミアムは,Amazonアカウントで登録すると,初回1ヶ月無料お試し期間があるので,期間中は無料視聴できます。

お試ししてみてやっぱりやめたい場合は1ヶ月以内に解約すれば料金はかかりません。

違法アップロードなど著作権違反の動画サイトはセキュリティの面でも危険ですが,FODプレミアムは公式サイトなので安全に無料お試しできます。

 

シャーロック メインキャスト

誉獅子雄:ディーン・フジオカ
若宮潤一:岩田剛典
江藤礼二:佐々木蔵之介
木暮クミコ:山田真歩
レオ:ゆうたろう

 

シャーロック 7話 あらすじ

#7 2019/11/18放送 少年シャーロック現る!祖父誘拐と開かずの金庫

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮潤一(岩田剛典)が,いつものようにもめている。自分のスイーツを食べたと怒る若宮に,獅子雄が証拠を出せと反論。すると獅子雄は,若宮自身が食べたことを習慣としての固定概念から失念したのではないかとさえ言い出す。獅子雄は自分が小学生の時にクラスで起きた盗難の例を話した。教師が固定観念から行った犯人探しを覆して真実を突き止めたと話す獅子雄に,若宮はイヤなガキだとため息。

そんな時,羽佐間虎夫(山城琉飛)という少年が訪ねて来た。虎夫は獅子雄に依頼に来たと告げる。だが,獅子雄は若宮に任せて奥の部屋へ。仕方なく若宮が,獅子雄として虎夫の依頼を聞く。

虎夫の依頼は行方不明になった祖父,寅二郎(伊武雅刀)探し。虎夫は河川敷で,寅二郎が持ち歩く小袋を発見していた。本気で取り合おうとしない若宮に,虎夫は本物の獅子雄を出せと迫る。すると,うそを見抜いた虎夫に,若宮より賢そうだと獅子雄。そして,小袋の中を確認した獅子雄は,寅二郎は危険人物かもしれないと,虎夫に発見場所へ案内するよう促す。

小袋の発見場所には,3人分の足跡が残されていた。しかし,途中で2人に。タイヤ痕もあることから,寅二郎は2人組に襲われ車で連れ去られたと推測される。だが,付近のホームレスたちは不審な車は見なかったと証言。獅子雄と虎夫は,寅二郎が行方不明当日に出かけたデイサービスの介護施設へ向かう。

(FODより引用)

 

シャーロック 7話 感想

では7話の感想を書いていきます。

 

7話のゲストキャストは

7話のゲストは少年役の山城琉飛くんとおじいちゃん役の伊武雅刀さん。

Twitterでも盛り上がってましたけど,ディーンと伊武雅刀さんの共演,モンテクリスト伯でみてるから熱いですよね。

今回も痴呆老人の役でしたから,ダブってみてました。

 

少年シャーロック…

今回少年役として出てきた山城琉飛くんですが,少年シャーロックという役柄だったにも関わらず,そこまで活躍はしてなかったかな… 立ち位置としては助手みたいな立ち位置。もうちょっと核心にせまるような推理があってもおもしろかったと思うんだけどな。

やっぱり獅子雄のキャラが強すぎるな。

 

最後のシーン,200万円のゆくえは?

最後,依頼料200万円を払ってくれとせまった獅子雄。でも結局受け取らずに姿を消しましたね。

まあカッコいいですね。獅子雄にしては粋なことをしたなって思いました。

 

 

※紹介している作品は,2019年10月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので,詳細はFODの公式ホームページにてご確認ください。

VOD国内シェアランキング

1位

公式サイトはこちら

dTV

◆月額500円(税抜)

◆無料視聴期間 31日間

作品数,会員数No.1の動画配信サービス。映画,ドラマ,アニメ,音楽など,18ジャンル約12万コンテンツが楽しめます。

DoCoMo(ドコモ)以外のユーザーも利用可能です。

公式サイトはこちら

2位

公式サイトはこちら

Hulu(フールー)

◆月額933円(税抜)

◆無料視聴期間 2週間

ヒット映画やテレビ番組を豊富に取りそろえています。月額のみで全コンテンツが見放題です。

マルチデバイス対応なので,テレビ,ゲーム機,スマホ,タブレット,パソコンで視聴可能です。

公式サイトはこちら

3位

公式サイトはこちら

U-NEXT(ユーネクスト)

◆月額1,990円(税抜)

◆無料視聴期間 31日間

新作なども個別課金することによって,レンタル配信で観ることができます。

毎月1200円分のポイントが加算されていくので,ポイントを利用して,個別課金対象作品を観ることもできます。

全ジャンル充実していますが,韓流ドラマやキッズ,アダルトもカバーしています。

公式サイトはこちら

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

コメントは受け付けていません。