ルパンの娘 6話 あらすじと感想

ドラマ 2019 夏 (7〜9月)

ドラマ「ルパンの娘」の動画はFODプレミアムで観ることができます(スマホからでも視聴できます)。

 

 

FODプレミアムは,Amazonアカウントで登録すると,初回1ヶ月無料お試し期間があるので,期間中は無料視聴できます。

お試ししてみてやっぱりやめたい場合は1ヶ月以内に解約すれば料金はかかりません。

無料視聴できるサイトは違法アップロードなどの著作権違反のものが出回っていますが,FODプレミアムの無料お試しなら著作権は問題ありません。

[ip5_button url=”https://dramaimpressions.com/fodp/” color=”button–red” size=”button–medium” width=”” target=”self” ]FODプレミアムの詳細はこちら[/ip5_button]

 

ルパンの娘 メインキャスト

深田恭子/瀬戸康史/小沢真珠/栗原類/どんぐり/藤岡弘,(特別出演)/加藤諒/大貫勇輔/信太昌之/マルシア/麿赤兒/渡部篤郎

 

ルパンの娘 6話 あらすじ

三雲華(深田恭子)は自身が“Lの一族”であることを桜庭和馬(瀬戸康史)に知られてしまった。もはや警察官の和馬との結婚などあり得ないと嘆き悲しむ華。そんな時,渉(栗原類)が新たな獲物を発見。政務活動費を使い込んで辞職した悪徳政治家が所有する名画が都内の美術館に無償で貸し出されたのだ。だがこの名画は“ブラックマンバ”という史上屈指の国際窃盗団にも目をつけられている代物。しかし尊(渡部篤郎)と悦子(小沢真珠),マツ(どんぐり)は気にもせず,盗み甲斐があるとさっそく下見に行くことに。するといつもは乗り気でない華が同行すると申し出た。

美術館で客を装ってセキュリティーなどを調べる華たち。だが華は和馬のことが気になりミスをしてしまいそうに。尊はそんな華に任務を外れるよう言い渡した。心のやり場を失う華に円城寺輝(大貫勇輔)が,和馬と別れたのかと尋ねる。“Lの一族”だと和馬にバレたと話す華に,円城寺はすぐに逃げるよう促す。しかし華は,和馬は他の警官には話さないと告げる。もし和馬が話していればとっくに逮捕されているからだ。

和馬は華の正体を知ってしまったことに悩んでいる。そんな和馬に橋元エミリ(岸井ゆきの)が再び接近。一方,華は尊に和馬と別れたことを打ち明け任務を続けさせて欲しいと頼む。“Lの一族”としての運命を受け入れて生きる覚悟をしようとする華。しかし“Lの一族”逮捕に警察も威信を賭けて動き出す。

(FODより引用)

 

ルパンの娘 6話 感想

橋元エミリ(岸井ゆきの)がなんか暗躍してるような…

警察もかなり物騒な命令を出してますね。Lの一族は殺してもいいって…なんか怪しいな。

 

前回で華がLの一族だということが和馬にバレたわけですが,和馬はそのことを報告してないみたいですね。

今回は別の窃盗団が盗んだ絵を盗むというミッションでしたが,逆に窃盗団に華が捕まってしまいます。

そこに助けに来たのが和馬だったわけで,なんか和馬がカッコよく見えました。普段は三枚目キャラなんですけどね。

でも,あの数に1人で乗り込んでいくのは無茶でしょ。殺されるよ,下手したら。ちょっとバカなのかな,やっぱり(笑)

 

ラストの提案もようわからん。まあその展開,確かにおもしろいかもしれませんね。7話がちょっと楽しみ。

 

[ip5_button url=”https://dramaimpressions.com/5106″ color=”button–red” size=”button–medium” width=”” target=”self” ]「ルパンの娘」を無料視聴したい場合はこちら[/ip5_button]

 

※紹介している作品は,2019年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので,詳細はFODの公式ホームページにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました