トレース 科捜研の男 ドラマ 1話 無料視聴

ドラマ 2019 冬 (1〜3月)

ドラマ「トレース 科捜研の男」の動画はFODプレミアムで観ることができます。


フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】

 

FODプレミアムは,Amazonアカウントで登録すると,初回1ヶ月無料お試し期間があるので,期間中は無料視聴できます。

お試ししてみてやっぱりやめたい場合は1ヶ月以内に解約すれば料金はかかりません。

無料視聴できるサイトは違法アップロードなどの著作権違反のものが出回っていますが,FODプレミアムの無料お試しなら著作権は問題ありません。

 

トレース 科捜研の男 メインキャスト

錦戸亮/新木優子/山崎樹範/岡崎紗絵/矢本悠馬/加藤虎ノ介/山谷花純/小雪/遠山俊也/篠井英介/千原ジュニア/船越英一郎 他

 

トレース 科捜研の男 1話 あらすじ

ある陰惨な過去を持つ真野礼二(錦戸亮)は、警視庁科学捜査研究所法医科に所属する法医研究員。「鑑定結果こそ真実」という信念のもと、膨大な知識と高い鑑定技術、他者とは違う着眼点を持つ真野は周囲からその実力を高く評価されている反面、クールで協調性がなく必要以上に人と係わろうとしないことから科捜研内では浮いた存在・・・。
法医科科長の海塚律子(小雪)は、相楽一臣(山崎樹範)や市原浩(遠山俊也)、水沢英里(岡崎紗絵)ら法医研究員たちに新人の沢口ノンナ(新木優子)を紹介する。ノンナは、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に係わることに戸惑いを隠せない。すると警視庁捜査一課の刑事・虎丸良平(船越英一郎)と猪瀬祐人(矢本悠馬)、鑑識員の沖田徹(加藤虎ノ介)らがやってきて、イベント会場で発見された切断された左手の鑑定結果を聞きに来る。
真野が、付着物の中から珪藻と通常の20倍のマンガンが検出されたことを伝えると、虎丸は即座に多摩川の捜索に向かおうとする。しかし「多摩川を探しても意味がない」と告げる真野。虎丸は「捜査方針に口を出すのか」と真野を睨みつけ―。真野は、おもむろに臨場の準備を始め特殊な珪藻の生息域で、域内にマンガン鉱山の跡地がある日原川に向かうと言い出す。現場に到着した真野とノンナは、ほどなくそこでバラバラに切断された女性の遺体を発見、そこには土に半分埋もれた一輪の花が・・・。
そんな中、被害者は娘かもしれないという五十嵐千鶴(森口瑤子)と、千鶴の再婚相手で著名な教育評論家の康信(吹越満)が警察署を訪れるが・・・。

(FODより引用)

 

トレース 科捜研の男 1話 感想

好きな推理ものです。科捜研が舞台。

個人的に好きなのが「科学的な根拠」と「証拠」で犯人を追いつめる系。

これがあれば探偵でも,刑事でも,科捜研でも,弁護士でも,検事でも好きです。

 

刑事・虎丸良平(船越英一郎)は典型的な勘とか経験で操作する刑事。

科捜研の男,真野礼二(錦戸亮)は逆に誰の証言も信じず,科学的な証拠のみを信じる研究員。

まあ両方がふつうに協力すればよいだけの話なんですけどね。そうなるとドラマにならないんでしょうけど(笑)

 

事件としては,まあでもそいつが犯人だよなって感じでした。消去法で行くとそうなるかな…

1番容疑者だと思われていた男が違うかもしれない,でも,被害者が現場から立ち去った形跡がない,となると…そうなりますよね。

 

アインシュタインの名言で「事実が理論に合わないなら事実を変えなさい。」という言葉がありますが,これに似てて,やってみて確実な証拠となるものは信じて,それをメインに考えていけば,不確かだけど信じたいものもでてくると思うんですよね。

でもそれを捨てる勇気って難しいと思ってます。わたしも実際は無理。

だから逆にそれをやってくれる推理モノのドラマがすごく好きなんだと思います。

 

と,わたしの話は置いといて,最後に虎丸刑事,母子の話聞いて涙ぐんでたのは高感度上がった(笑)

おそらく虎丸刑事は仕事に没頭しすぎて,妻と子供に捨てられたとみた。

 

「トレース 科捜研の男」はFODプレミアムで配信中です!

[ip5_button url=”https://dramaimpressions.com/fodp/” color=”button–red” size=”button–large” width=”” target=”self” ]FODプレミアム 1ヶ月間無料お試しはこちらから[/ip5_button]

 

各話のあらすじと感想はこちらから

 

※紹介している作品は,2019年1月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので,詳細はFODの公式ホームページにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました