アンナチュラル 5話

アンナチュラル 5話 あらすじ

坂本(飯尾和樹)が辞めたことで,人材不足となったUDI。そのため,しばらくの間,中堂(井浦新)はミコト(石原さとみ)が率いる三澄班のサポートをすることに。

そんなある日,鈴木巧(泉澤祐希)という人物が,UDIに溺死した妻の解剖を依頼しにやって来る。

海に飛び込むところを目撃した人がいたため警察は自殺と判断したが,妻が自殺などするはずないという鈴木は,青森からはるばるUDIを訪ねてきたという。

早速,解剖に取り掛かるミコトたちだったが,葬儀社の木林(竜星涼)が血相を変えてUDIへやって来る。

なんと,鈴木が持ち込んだのは葬儀場から盗んだ遺体だったのだ。

つまり執刀医のミコトは,死体損壊罪という大罪を犯していたことに…。

遺体を盗んでまでUDIに解剖を依頼した鈴木の目的とは一体何なのか?

 

アンナチュラル 5話 感想

いや〜衝撃のラストでしたね。

まさかあそこで「踏みとどまらない」とは。

すごい覚悟というか,本当に彼女のことが好きだったんですね。

 

中堂(井浦新)があの結末を助けたってことになりますからね。まあ中堂にも気持ちがわかるんでしょうけど。

まあなんというか,なんとも言えないな〜

私があの立場だったらどうするかって考えると…

 


Lemon (初回限定映像盤 CD+DVD) [ 米津玄師 ]

 

にほんブログ村 動画紹介ブログ テレビ・ドラマ動画へ

コメントは受け付けていません。