ドラマ「ビターブラッド」の動画を無料視聴する方法

人気ドラマ

「観たいんだけど見逃してしまった」「気になるからとりあえずちょっと試しに観てみたい」という方が合法的に動画を無料視聴する方法を紹介します。

結論から言えば,「FODプレミアム」の無料お試しを利用するのが全話観れるので良いと思います。お急ぎの方は今すぐどうぞ。

▼無料で「ビターブラッド」をみる▼

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】

ドラマ「ビターブラッド」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「ビターブラッド」を無料視聴できる動画サイトを探してみました。

サービス名 配信 無料期間 ポイント 月額
U-NEXT × 31日間 600P 1,990円+税
Hulu × 14日間 なし 932円+税
Paravi × 30日間 なし 925円+税
FODプレミアム 14日間 1,300P 888円+税
dTV × 31日間 なし 500円+税

ドラマ「ビターブラッド」は「FODプレミアム」の独占配信のようです。

FODプレミアムは,Amazonアカウントで登録すると,初回2週間無料お試しできます。無料期間中は見放題の動画を無料でみることができます。

お試ししてみてやっぱりやめたい場合は2週間以内に解約すれば料金はかかりません。

違法アップロードなど著作権違反の動画サイトはセキュリティの面でも危険ですが,FODプレミアムは公式サイトなので安全に無料お試しできます。

FODプレミアムの詳細はこちら

※登録方法,解約方法も解説しています

ビターブラッド メインキャスト

佐原夏輝:佐藤健
島尾明村:渡部篤郎
前田瞳:忽那汐里
稲木俊文:吹越満
古雅久志:田中哲司
富樫薫演:皆川猿時
鷹野浩次:KEIJI
鍵山謙介:高橋克実

ビターブラッド あらすじ

佐藤健×渡部篤郎の最悪で最強の親子刑事が誕生!笑いあり、涙ありの本格刑事ドラマをコメディータッチで描く!

(FODより引用)

ビターブラッド 1話 あらすじと感想

佐原夏輝(佐藤健)は銀座署の新人刑事。出勤初日に職場へ向かう途中,老女を狙ったひったくり現場に遭遇する。逃げた犯人の男ともみあいになる夏輝,とそこに突然現れた女性が男を華麗に投げ飛ばす。それは,偶然通りかかった新人刑事・前田瞳(忽那汐里)だった。
夏輝と瞳が配属された銀座署刑事課捜査第一係・鍵山班には,班長の鍵山謙介(高橋克実)以下,尾行の達人・稲木俊文(吹越満),結婚願望の強い独身・古雅久志(田中哲司),口臭がクサい富樫薫(皆川猿時),刑事ドラマおたくであだ名付けの達人・鷹野浩次(KEIJI),そして夏輝の実父・島尾明村(渡部篤郎)がいた。幼い頃に両親が離婚して以来,明村とは犬猿の仲だった夏輝は,父との再会に頭を抱える。が,鍵山は明村を夏輝の指導係に任命し,いきなり2人はバディを組む羽目に・・・。
殺人事件の容疑者の近隣住民への聞きこみ捜査へ向かう途中,明村は,自分とバディを組むのなら上質のジャケットを着るように,と夏輝に命令する。ほどなく容疑者の死体が自宅アパートで発見される。第一発見者である娘の事情聴取を行った夏輝は,思わず感情移入してしまい涙をこぼす。
そんなある日,銀行強盗が発生。たまたま行内のトイレにいた夏輝は,現場にいることを電話で報告する。明村はその場を動かず状況を報告するよう夏輝に指示した。が,子どもが犯人の標的にされそうになるのを目撃した夏輝は・・・。

(FODより引用)

みんな若いな〜これみたことなかったな〜

刑事ものだけど,いきなり新人ってバディとか組むの?

あと,「最強の親父」みたいな設定なの?ほんとうに島尾は強いの?

強いの好きなんだけどな〜期待してます。

あと,ミッチー出てきたね。ラスボスかな?

ビターブラッド 2話 あらすじと感想

佐原夏輝(佐藤健)のもとへ事件発生を知らせるメールが届く。が,慌てて現場に向かうと,それは古雅久志(田中哲司)と鷹野浩次(KEIJI)が合コンに夏輝を呼び出したメールだった。呆れつつも合コンに参加する夏輝。そこへ今度は誘拐事件が発生したとの連絡が入る。
誘拐されたのは,高級住宅地に住む今村洋一(デビット伊東)と優子(奥貫薫)夫妻の長男で10歳の和道(土師野隆之介)だった。島尾明村(渡部篤郎)が現場の指揮をとることになり,夏輝,前田瞳(忽那汐里),稲木俊文(吹越満),古雅らとともに今村家へと向かった。
明け方,誘拐犯から電話が入る。犯人は,身代金5000万円を要求すると同時に,家の窓を開けるように指示してきた。夏輝たちはとっさに物影に隠れるが,窓からカメラを搭載したラジコンヘリが室内まで入ってきて警察の存在がばれてしまう。犯人は交渉決裂を告げ,電話を切った。夏輝はラジコンの操作のために犯人が近くにいると判断し,家を飛び出した。急発進するワゴン車を発見した夏輝は銃を構えるが・・・。
泣き崩れる優子に,古雅たちは犯人から再度連絡があるはずだから身代金を用意しておくように話す。そんな中,洋一が会社に行くという。夏輝はそんな洋一を責めるが,明村に止められる。
数時間後,犯人はネット上に拘束した和道の映像を公開する。そこに覆面姿で現れた犯人は,24時間以内に1億円を用意するよう告げる。

(FODより引用)

もうちょっと格闘シーンとかみたいな〜ちょっとヒューマン色が強い。

お父さんは今回は足がつって良いとこなしだったし。お父さんが無双するシーンとかみたい〜

他の仲間たちもあだ名とかがあるわりにはほとんど活躍してないし。

もうちょっと刑事っぽいシーンがみたいよ〜

でも3話の予告をみたけど,もうミッチーが接触してきたっぽい。ラスボスじゃなかったのか…

裏で糸は引いてそうですけどね。爆弾魔か?

ビターブラッド 3話 あらすじと感想

佐原夏輝(佐藤健)と島尾明村(渡部篤郎)は,銀座署署長(山田明郷)に愛犬のチャッピーを数日間預かるよう頼まれる。だが,犬が苦手な明村は,夏輝にチャッピーを強引に押し付ける。
目を離した隙に逃げ出したチャッピーを追いかけて資料室にやってきた夏輝は,父親の前田修一(鈴木一真)が殺害された12年前の事件資料を見ている前田瞳(忽那汐里)と遭遇する。瞳は,犯人がみつかるかもしれないと夏輝に話す。
瞳にはなつくが,すぐに夏輝のもとから逃げ出すチャッピー。見かねた鍵山謙介(高橋克実)はゲージを買ってくるように提案する。夏輝は,瞳と買い物に出ることに。だが,瞳は父親殺しの情報を握っている情報屋に会うと言って,どこかへ行ってしまう。
ホームセンターを訪れた夏輝は,偶然,店内で万引きをしていた少年・元気(山﨑光)を発見する。夏輝が元気を捕まえると,彼は遠くにいた挙動不審な中年男性に逃げるように叫び・・・。
情報屋の男と会っている瞳。男は事件の資料を見せ,重要な証拠を握っている人物を追いかけている最中であると告げる。
ある日,その男から見せたい資料があると連絡を受けた瞳は,単身,男の部屋へと向かった。何の疑いもなく室内に足を踏み入れた瞳は,部屋の壁に切り裂かれた自分の写真があるのを発見してしまい・・・。

(FODより引用)

ミッチー…自殺したと思ったら,やっぱり生きてる感じですね。

あそこからどうやって逃げたんだよ…ちょっと無理があるでしょ〜

ミッチーは島尾に恨みがあるんですね。そして島尾に直接攻撃するというわけではなく,大事な人を狙っていくって感じでしか。

それが1番嫌ですよね。確かに。自分を攻撃されるほうがマシです。

ミッチーはそれをわかってるっぽいですね。恐い表情してます。

ミッチーは狂気な犯人の役似合うよな〜

ビターブラッド 4話 あらすじと感想

夏輝(佐藤健)や明村(渡部篤郎)ら鍵山班の面々は,“銀座署春のレクリエーション大会”の企画会議を開く。採用者には金一封が出るため,さまざまな案が出されるが,結局何も決まらず,一同はそれを夏輝に押し付ける。
鍵山(高橋克実)の息子・功太(小関裕太)は,帰宅途中に見知らぬ男・鮫島(渋川清彦)が男性をナイフで刺すところを目撃する。功太に気づいて追いかけてきた鮫島は,誰かに話したら殺す,と叫ぶ。男をまいて家に戻った功太は,警察に通報しようとするが怖くなって電話を切ってしまう。
一方,瞳(忽那汐里)は,貝塚(及川光博)の件で迷惑をかけたお詫びに食事をご馳走すると,夏輝に待ち合わせの時間と店を告げる。
仕事を終え,瞳と約束した店へ向かっていた夏輝は,功太が同級生たちに殴られているのを目撃する。夏輝は,止めに入り功太を救ったが,そのせいで待ち合わせに遅刻してしまう。
翌日,レクリエーション企画を考えるために書店を訪れた夏輝は功太を見つける。功太が持っていた問題集を見た夏輝は,妹の忍(広瀬すず)が使っていた問題集を譲るともちかけた。断ろうとした功太だが,書店内で鮫島の姿を見つけたため書店を飛び出す。
そんな折,銀座署に夏輝宛ての荷物が届く。明村は,不在の夏輝に代わってバイク便業者(坂本真)から荷物を受け取ろうとするが,ナゼか人質に取られてしまい・・・。

(FODより引用)

おぉ,今回は違う現場で親子が犯人と闘うというシチュエーション。

そして,倒し方も一緒。ちょっとだけ胸が熱くなるやつですね!

まあお父さんの方の犯人は素人っぽかったみたいですけどね。夏輝の方の犯人の方が殺人犯でした。

あの高校生のいじめもけっこうひどいですよね。殴って金を取るとは。普通に犯罪ですよね。

いじめはもう犯罪にした方が良いと思います。学校の範疇じゃなく,警察が対処すればいいのに。

そして,ラストに夏輝のおじいちゃんが出てきた。なんか刺されてたし。

ビターブラッド 5話 あらすじと感想

銀座署前にいた佐原夏輝(佐藤健)や島尾明村(渡部篤郎)ら鍵山班の前に,血だらけの男が倒れ込んだ。男は,夏輝の祖父で元刑事の佐原富成(伊武雅刀)だった。
富成を刺したのは3年前に現金輸送車から2億円を強奪し,警備員2名を殺害した城之内利也(山中聡)だと言う。海外逃亡中だった城之内を銀座で発見した富成が,声をかけたところを刺されたのだった。城之内が銀座に現れたのは,当時付き合っていた関根綾子(野波麻帆)が原因であると推測した富成は,銀座周辺で城之内の捜索を指示。同時に,夏輝と明村には綾子の24時間監視を言い渡す。
綾子の部屋が見える廃屋で張り込みを始めた夏輝と明村。綾子の留守を狙って部屋の前にやってきた夏輝は,水道のバルブに細工を施し,偽の水道修理業者のチラシをポストに入れる。
帰宅した綾子は,夏輝と明村の思惑通りに水道が故障していると勘違いし,修理を依頼する電話をかける。修理業者に変装した夏輝は,綾子の部屋に向かい,水道を直すふりをして部屋に盗聴器を仕掛けた。夏輝の退出後,すぐに綾子の携帯が鳴る。綾子は言葉少なに電話を切ると,激しく動揺する。
やがて,部屋の前に取り付けていた監視カメラの映像に帽子を深くかぶった男が現れた。男が部屋に入るのを見た夏輝は,修理業者の格好のまま駆け出していく。部屋に飛び込むと,綾子はその男に押し倒されていて・・・。

(FODより引用)

「不安なふりして自分の安全は確保するのが女なんだよ」

by 前田瞳

確かに…やっぱり恐いのは女ってことで…

おそらく黒幕は女なんじゃないかと思ってました。お金が絡むとね〜

でも水道屋に扮してたけど,バレバレですよね。インカムで会話しすぎでしょ。

ビターブラッド 6話 あらすじと感想

出勤中の佐原夏輝(佐藤健)の前に一台の車が止まる。夏輝は,その車から降りてきた男たちに強引に車に押し込まれてしまう・・・。
夏輝が連れてこられたのは銀座署の大会議室だった。そこには島尾明村(渡部篤郎)や前田瞳(忽那汐里)ら鍵山班をはじめ,大勢の署員が集められていた。そこへ警視庁警務部人事一課の木暮竜也(西村雅彦)がやってきた。木暮は,全員に許可なく外出することを禁止すると告げると,鍵山班だけを刑事課へ連れ出す。
刑事課の床には血だまりがあり,すでに捜査が始まっていた。驚く夏輝たちに,昨晩,鍵山謙介(高橋克実)が何者かにナイフで刺されたことが告げられた。非常に危険な状態であると聞き,病院に行こうとする夏輝たちの前に木暮が立ちふさがる。昨晩,鍵山は部下と会うと話していたという家族の証言から,鍵山班全員が容疑者となっていたのだ。
納得できず,捜査のために部屋を出ようとした富樫薫(皆川猿時)に,木暮は拳銃を向ける。そんな木暮に詰め寄ろうとした夏輝にまで拳銃が向けられる。木暮は鍵山班の面々に対し,今後,部屋から出ようとした場合は逃亡とみなし,場合によっては拳銃の使用も辞さないと宣告する。
監視を付けられ,刑事課に軟禁される鍵山班の面々。やがて木暮による取り調べが始まった。最初に呼ばれた夏輝と瞳は,容疑者から外す代わりに,他の鍵山班メンバーの内偵をするように命じられるが・・・。

(FODより引用)

けっこう大きな事件になりそうだったけど,1話で終わりましたね(笑)

警察内部の犯罪で,被害者も鍵山課長。マスコミが好きそうな事件じゃないですか。

でも,やっぱりこのドラマ,ちょっとコメディチックですね。もうちょっとシリアスでリアリティの方が好きだな〜

ビターブラッド 7話 あらすじと感想

朝,佐原夏輝(佐藤健)がベッドで目を覚ますと,隣りに前田瞳(忽那汐里)がいた。驚き,飛び起きる夏輝。直後,瞳も目を覚まし・・・。
日々婚活にいそしんでいた古雅久志(田中哲司)の結婚が決まった。古雅の突然の報告に,驚きつつも盛大に祝福する鍵山班の面々。相手の佐藤真琴(上原多香子)とは10日前にお見合いパーティーで知り合ったという。古雅は,真琴にねだられ,運転免許を取るための教習所費用を渡したことや,200万円の指輪を買う約束をしたことをうれしそうに話す。
そこへ,結婚詐欺にあったかもしれないという男性が相談にやってきた。夏輝と島尾明村(渡部篤郎)が事情を聞くと,指輪を買ったとたん連絡がとれなくなったという相手の女性の手口が古雅の話と一致した。
夏輝は刑事課に戻るが,古雅は指輪を買いに出た後だった。宝石店へ走り,ギリギリのところで指輪の購入を止めた夏輝は,古雅を刑事課に連れて帰る。夏輝と明村は結婚詐欺の可能性が高いことを訴えるが,古雅は耳を貸そうとしない。
そんな中,瞳に冷たくされて落ち込む夏輝を見た明村は,捜査と偽って夏輝をキャバクラに連れて行く。明村と共にキャバクラ嬢・ユナ(小蜜)らと座っていた夏輝は,店のキャバ嬢の中に真琴を発見して明村に報告する。
捜査を続け,真琴があるお見合いパーティーに出席することを突き止めた夏輝は,潜入捜査をすることに・・・。

(FODより引用)

お!上原多香子が出てきた!やっぱりかわいいな〜

冒頭から佐藤健と忽那汐里の寝顔のシーンから。いや〜なんかお似合いでしたよ。本当にカップルかと思いました。

そして,ラスト。前田は島尾先輩が好きって…

え?まじ?

いや,このドラマはなんだかんだあったけど,色恋はないかと思ってたんですけどね。

でも,実際,結婚詐欺師ってあまり美人じゃない人,多いんですよね。

「なんでこんな人が…」って思うような人が結婚詐欺師だったりします。

そういう人にぞっこんになる人もいるんですからね〜

女性は顔じゃないのか?自信とか?

ビターブラッド 8話 あらすじと感想

佐原夏輝(佐藤健)は,前田瞳(忽那汐里)から島尾明村(渡部篤郎)が好きだと相談を受け,言葉を失う。自分の席に戻ってからも,つい明村と瞳に目線がいってしまう夏輝。そんな夏輝の態度をみかねた瞳は,鍵山謙介(高橋克実)に頼まれ買い出しに出かける夏輝の後を追いかける。そこへ偶然やってきた明村も含め,3人はコンビニへ向かった。
一方,銀座署の取調べ室では,富樫薫(皆川猿時)が公務執行妨害で捕まえた相模修吾(中野裕太)の取調べを行っていた。すると,相模が電話で背を向けた富樫にイスを武器にして襲い掛かる。さらに,差し入れのカツ丼を運んできた鷹野浩次(KEIJI)にも襲いかかり逃走を図る。
鷹野からの報告を受け,鍵山はすぐに銀座署全出入口の完全封鎖を指示する。直後,電源室に向かった相模が機械を壊したことで署内中が停電となる。予備電源で主要機器はかろうじて動いていたが,コンビニから戻って署内のエレベーターに乗っていた夏輝と明村と瞳は閉じ込められてしまう。管理会社に連絡をするが,銀座署が封鎖されているため入ることができないと分かる。
やがて,医務室で目を覚ました富樫が相模の腕に入れ墨があったことを報告。総動員で相模の捜索にあたる中,古雅久志(田中哲司)は見覚えのない制服警官に声をかけるが・・・。

(FODより引用)

いや〜膀胱炎になりますよ…あんなの…

しかし,今回の事件はちょっとピリッとしてましたね。強い犯人でしたが,最後は富樫が天井から落ちてきてそれでノックアウト。

富樫もずっと息子探してましたけどね。あのテンション,ずっともつのがすごいわ…

しかもめっちゃ子沢山だったし。そういう設定はちょっとおもしろいけど(笑)

ビターブラッド 9話 あらすじと感想

佐原夏輝(佐藤健)たち鍵山班は,暴力団の青竜会が麻薬売買を行うという情報を得て,港近くの倉庫へやって来た。正面入口に島尾明村(渡部篤郎)と鷹野浩次(KEIJI),裏口は夏輝と前田瞳(忽那汐里),窓には古雅久志(田中哲司)と富樫薫(皆川猿時)がそれぞれ配置され,突入準備を整える。明村の合図で一斉に倉庫へ突入するが,トラブルにより青竜会を逃がしてしまう。
同じ頃,私用で捜査に参加していなかった稲木俊文(吹越満)は,夜の公園でひとり佇んでいた。
麻薬が青竜会に渡ったことを受け,夏輝と明村は事務所を張り込む。すると,幹部の藤崎達雄(嶋田久作)が出てきた。藤崎が麻薬を売るとにらんだ夏輝と明村は,後をつけてカフェに行く。
やがて,ひとりの男がやって来て藤崎のテーブルについた。男は藤崎から小さな紙袋を受け取ると,代わりに現金が入った封筒を差し出す。取引現場を目撃した夏輝と明村が確保しようと近づいたその時,男の顔が見えて稲木であることがわかる。とっさに物影に隠れ,その場をやり過ごすふたり。
後日,夏輝は稲木が電話でクスリを入手したと話しているのを聞いてしまい・・・。

(FODより引用)

今回の話は良かったよ〜泣いたよ〜

藤崎達雄(嶋田久作),暴力団だけど,筋がある人でしたね。

というか,この話だけはみたことがあるな〜たぶん再放送かなんかでみたんだと思います。

その時は「ビターブラッド」っていう認識じゃなくて,なんかの刑事ドラマだな〜くらいの認識でした。めっちゃ偶然ですね。

しかし,富樫はうるさいなぁテンションが高すぎ…ちょっとうざくなってきた(笑)嫌いなタイプだわ〜

ビターブラッド 10話 あらすじと感想

研修を終えて,東京行きのバスに乗っていた佐原夏輝(佐藤健)と前田瞳(忽那汐里)。すると,乗客のひとり,大村国男(東根作寿英)が立ち上がり,夏輝に拳銃を突きつける。大村は,悲鳴をあげる乗客たちを怒鳴りつけて黙らせた。
同じころ,島尾明村(渡部篤郎)は警視庁人事一課の木暮竜也(西村雅彦)に呼び出されて喫茶店へ来ていた。木暮は,明村に警視庁捜査一課への栄転の話が出ていることを話し,翌日,人事課へ来るように告げる。木暮と別れ,上機嫌で歩いていた明村だが,背後から声をかけられ振り向くとそこには・・・。
出動要請を受け,ビルの屋上へやってきた鍵山謙介(高橋克実),稲木俊文(吹越満),古雅久志(田中哲司),富樫薫(皆川猿時),鷹野浩次(KEIJI)。屋上では,飛び降りようとする本田加奈子(平岩紙)を滑川(古川雄輝)と竹田(敦士)が説得していた。しかし,まったく耳を貸そうとしない加奈子に,鍵山班が説得に乗り出す。
一方,バスジャックされた車中では,逃げ出そうとした乗客のひとりが腕を撃たれた。怯える乗客を見た夏輝は,老人と子どもだけでも解放して欲しいと願い出るが聞き入れてもらえず・・・。

(FODより引用)

あの飛び降り騒動はなんだったんでしょうかね。あのメンバーをバスジャック事件とかに関与させたくないための事件ですか。

仲間がたくさんいるけど,1回もまともにチームワークで闘ったことがない部署ですよね(笑)

今回のバスジャック犯はミッチーに子供を誘拐されて脅されて仕方なくやってたみたいですが,私ならそこまでできるかな〜?

というか素人すぎて,絶対乗客に袋だたきにされそうですけど。

次回最終回です。ミッチーに勝てるんでしょうか〜爆弾魔こわいよ。

ビターブラッド 最終回11話 あらすじと感想

佐原夏輝(佐藤健)は,遊園地で貝塚剛久(及川光博)と対峙(たいじ)する。貝塚は,遊園地内にある廃屋で逆さ吊りにされた島尾明村(渡部篤郎)の映像を見せた後,客でにぎわう遊園地の観覧車に爆弾を仕掛けたことを告げる。どちらかしか救えない状況の中,選択を迫られた夏輝が向かったのは観覧車だった。
観覧車に到着した夏輝は,係員に事情を話して客を避難させるように指示を出すと,爆弾のもとへ走る。稲木俊文(吹越満)へ画像を送り,電話で爆弾の解除方法を聞いた夏輝は説明された通りに操作を行う。最後に解除スイッチを押すが・・・。
同じころ,廃屋へやってきた貝塚は明村に向かって殺すのは自分ではなく夏輝だ,と話す。夏輝が爆弾の解除スイッチだと思って押したのは,明村の体に装着された爆弾のタイマー起動のスイッチだったのだ。
明村の爆弾のタイマーが動き出したことを確認した貝塚は,その場を離れる。そして,バスジャックから解放されて銀座署へ戻っていた前田瞳(忽那汐里)に電話をする。電話は一方的にURLが読み上げられるだけだったが,瞳は背後に流れていた音楽で相手が貝塚であることに気付く。瞳がメモしたURLに稲木がアクセスすると,傷だらけで拘束されている明村の動画が映し出され・・・。

(FODより引用)

佐藤健はこのドラマ全編でずーっとダッシュしてた気がしたな〜(笑)

そして,渡部篤郎の爆破後に出てきた時の顔,真っ黒(笑)けっこうおもしろいです。じわじわきますよ。

全体の感想として,個人的にはイマイチ。

キャストは良いと思うんですよね〜ステキな人たちばっかり。もうちょっと面白いストーリーにならなかったかなと思います。

ただ私がサスペンスとかが好きなタイプなので,刑事ドラマとしては物足りないってだけで,ヒューマン系が好きな人にはおもしろいと思います。

佐藤健かっこいいし。

そんな中で9話が抜群におもしろかったかな。暴力団のやつ。

無料で「ビターブラッド」をみる

いつでもすぐに解約できます。違約金もありません。

※紹介している作品は,2020年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので,詳細はFODの公式ホームページにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました