コンフィデンスマンJP 動画 7話 無料視聴可

ドラマ「コンフィデンスマンJP」の動画は「FODプレミアム」で観ることができます。

コンフィデンスマンJP 動画 初回1ヶ月無料お試しOK
コンフィデンスマンJP 動画 初回1ヶ月無料お試しOK

FODプレミアムは,Amazonアカウントで登録すると,初回1ヶ月無料で動画を観ることができます。

無料期間中に全話イッキ見できます。1ヶ月以内に解約すれば料金はかかりません。

無料動画は著作権違反のものが出回っていますが,FODプレミアムの無料トライアル期間であれば著作権は問題ありません。

 

コンフィデンスマンJP 7話 あらすじ

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)は,リチャード(小日向文世)の知り合いで,服役中の矢島理花(佐津川愛美)という女性が資産家の末娘であることを知る。

理花の父親は,鎌倉に住む資産家で現在闘病中の与論要造(竜雷太)という男だった。五十嵐(小手伸也)によれば,その正体は違法すれすれの株式操作で荒稼ぎしていた経済ヤクザだという。

理花は要造が愛人に産ませた子どもだったため,母親や兄姉からひどいいじめを受けていたらしい。ゆえに理花は10歳のときに要造のもとを離れて実母のところに戻ったものの,結局17歳でその家も飛び出してしまっていた。

理花と面会したダー子は,彼女が要造の家を出て以来18年もの間,一度も連絡を取っていなかったことを知ると,理花に成りすまして要造のもとを訪ねる。理花の兄・祐弥(岡田義徳)と姉の弥栄(桜井ユキ)は,突然現れたダー子に疑いの目を向けていた。

そんななか,ボクちゃんは,ダー子が要造に話した作り話のせいで,理花を振った造り酒屋の息子役を演じる羽目になり・・・・・・。

(FODより引用)

 

コンフィデンスマンJP 7話 感想

なかなかよい話でした。感動〜ラストのシーンなんか感動〜

家族ね〜たしかに血が繋がってるだけが家族じゃないですよね。近くにいてくれた人の方が家族って思えるのかもしれません。

ダー子の肉食っぽさが出てておもしろかったです。ぼくちゃんを食べてしまいそうな…

 

「コンフィデンスマンJP」の視聴はこちらから!


コンフィデンスマンJP 動画 初回1ヶ月無料お試しOK

※紹介している作品は,2018年6月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので,詳細はFODの公式ホームページにてご確認ください。

[コンフィデンスマンJP] ブログ村キーワード

にほんブログ村 動画紹介ブログ テレビ・ドラマ動画へ

コメントは受け付けていません。