コンフィデンスマンJP 動画 3話 無料視聴可

ドラマ「コンフィデンスマンJP」の動画は「FODプレミアム」で観ることができます。

コンフィデンスマンJP 動画 初回1ヶ月無料お試しOK
コンフィデンスマンJP 動画 初回1ヶ月無料お試しOK

FODプレミアムは,Amazonアカウントで登録すると,初回1ヶ月無料で動画を観ることができます。

無料期間中に全話イッキ見できます。1ヶ月以内に解約すれば料金はかかりません。

無料動画は著作権違反のものが出回っていますが,FODプレミアムの無料トライアル期間であれば著作権は問題ありません。

 

コンフィデンスマンJP 3話 あらすじ

コンフィデンスマン=信用詐欺師のダー子(長澤まさみ),ボクちゃん(東出昌大),リチャード(小日向文世)は,新たなターゲットとして高名な美術評論家・城ケ崎善三(石黒賢)に狙いを定める。

城ケ崎は,貧しい家庭に生まれ育った。画家だった父は,才能に恵まれなかったものの気位だけは高かったため,母と共に苦労してきたという。美術評論家になったのも父のような画家に引導を渡すためだった。独学で古今東西のあらゆる芸術作品を学んだ城ケ崎は,バブル崩壊後に行方不明になっていたいくつかの名画を発掘して名をはせ,今では美術品を鑑定する冠番組まで持っていた。

しかしその本性は,女癖が悪い上に,持ち込まれた美術品の真贋を偽って安く買い上げ,裏社会の顧客に密かに売却して大儲けしている欲と金にまみれた男だった。

ダー子は,中国人バイヤーに化けて城ケ崎のオークションハウスに潜入し,金に糸目をつけずに大量の作品を買い上げることで彼の信頼を得る。

さらにダー子は,旧知の贋作画家で,あらゆる時代の有名画家のタッチを知り尽くしているという伴友則に,ピカソの“まだ世に知られていない作品”の制作を依頼するが・・・。

(FODより引用)

 

コンフィデンスマンJP 3話 感想

馬場ふみかちゃん出てたな〜巨乳女子大生役で(笑)

コードブルーではシリアスな役してたからギャップが(笑)ウケる〜

 

まあでも絵画とかってわからないですよね。「これピカソの絵です」って言われたら,わからなくても「すごい!」ってなりますし,絶対。

我々は,そのものの価値が分かるわけではなく,情報で価値を判断しているというのは納得です。

今回はそこを逆手にとってました。時間が通常通り1時間に戻ったので,1話と2話よりもボリュームが少なかったので,サクッと終わった感じです。

 

「コンフィデンスマンJP」の視聴はこちらから!


コンフィデンスマンJP 動画 初回1ヶ月無料お試しOK

※紹介している作品は,2018年6月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので,詳細はFODの公式ホームページにてご確認ください。

[コンフィデンスマンJP] ブログ村キーワード

コメントは受け付けていません。